着実に増加するフリーランスエンジニア

IT業界が注目され、基本的なスキルの習得の機会も増えていることを受けて、着実にフリーランスエンジニアが増加してきている。その傾向に拍車をかけているのがクラウドソーシングの台頭であり、大小の仕事の獲得が容易になったことでフリーランスを始める人が増えているのである。全体として増加傾向にはあるものの、専業として高額収入を得ることを目指す有能なフリーランスエンジニアに比べて、副業系や複業系の人材が増えているのがクラウドソーシングの影響として著しい。

また、フリーワーカーとして比較的少ない収入を得ている人も多いのが実情である。働き方の多様化が進むにつれて納税や健康保険への考え方も重要になってきている。専業である場合には自ら健康保険を手配しなければならないものの、保険料を節約したいという気持ちに駆られるのは当然である。そのため、文芸美術国民健康保険などに加入して高収入でも保険料が定額になるようにしたり、扶養家族となれる範囲で稼いだりする人が多くなっている。

また、納税についても節税の考え方が強くなっており、特に確定申告を前にして節税対策をする副業系や複業系のエンジニアが増えてきているのが現状である。医療保険などへ加入することは節税対策の基本としてよく行われているものであり、控除額を増やすことで実質的な収入を高めているケースが多い。フリーランスエンジニアが増えているからこそ、こういった取り組み方がよく理解されるようになってきているのも事実である。
ちなみに、独立後の保険についてはこちらの『フリーランスの保険事情』というサイトに詳しく記載されているのでチェックしてみるといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です