起業後の健康保険の違い

国民はみな保険制度があることから、フリーランスエンジニアも健康保険に加入する必要がある。通常は国によって行われている保険に加入することになるものの、高収入となるとその保険料が非常に高くなる。実際の収入額の1割程度が徴収されてしまうからであり、一千万円の収入を達成しても百万円が保険料として持って行かれてしまうことになるのである。

しかし、フリーランスエンジニアとしての仕事内容を検討して加入の仕方を検討すると、大きく保険料を削減できる。最もよく用いられるのが文芸美術国民健康保険であり、年間で20万円少々で済むケースが多い。加入するためには組合加盟の団体会員であることが必要とされるため、適切な協会に所属することが必要になる。その際に重要になるのが仕事内容であり、デザイン系の仕事をしていると加入しやすい協会が多数ある。たとえそれが本業ではなかったとしても、仕事として請け負うようにしておくという工夫をすると、協会への加入審査を通過して所属できるようになり、保険料を定額にして抑えることができるようになるのである。

収入が大きいほどこのギャップが大きくなるのは明らかであり、年収が200万円を越えるようになったら検討する価値があると覚えておくと良いだろう。フリーランスエンジニアは成功すれば年収一千万円も容易になるため、文芸美術国民健康保険への加入を検討することは収入を無駄にしないためにも欠かせないこととなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です