フリーランスエンジニアの健康保険料

会社員でエンジニアとして働く場合は市町村で保険に加入するのではなく、会社で社会保険に加入して保険料を支払うが、フリーランスエンジニアは所属する会社がある訳ではないので各市町村で国保険に加入する事になる。国民健康保険に加入して支払う保険料の金額と社会保険に加入して支払う自己負担額は同じ所得でも差が出てくるが、それ以上に差が出るのは扶養家族がいた場合である。

会社員でエンジニアとして働いていて社会保険に加入している場合は、その配偶者や子供で扶養にあたる人は社会保険の加入者が支払っている保険料以外に保険料を支払う必要はないので、加入者だけが保険料を支払う事で保険証を使用する事ができる。しかしフリーランスが加入する事になる国民健康保険の場合は仮に扶養者がいた場合に扶養者にも保険料の負担が出てくるので、保険料の負担額が増える傾向があり、その人数が多いほど保険料の金額も大きくなってくる。
所得の金額で保険料の金額に差が出るのはどちらも同じであるが、その基準はそれぞれ違うので年収がいくらだと保険料が月いくらとは一概に言えないのである。

また保険への加入の際も、社会保険の場合は入社の際に会社が社会保険への加入手続きをそいてくれる場合がほとんどで、その後給与などから、天引きで支払う事になる場合が多い。しかし、国民健康保険の場合は自分で役所などに手続きに行って加入しなくてはならないのと、保険料の支払いも自分で行う必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です